0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

施術トラブルを回避するには?原因と具体的な失敗やトラブル例を解説

トラブルが起こる頻度

質問者

美容医療、受けてみたいものがたくさんありますが、やはりトラブルが気になります。

どのくらいの頻度でトラブルは起こるものなのでしょうか?

ミア先生

国民生活センターのデータによると、美容医療サービスについて国民生活センターに報告された件数は2020年で2,206件となっています。

質問者

これは多いのでしょうか、少ないのでしょうか?

ミア先生

大体例年1,900人から2,000人程度で推移しているので例年と比較すると少し多いかなという印象です。

質問者

どんな施術がトラブルの原因となっているのでしょうか?

ミア先生

国民生活センターに寄せられた相談内容によりますと「レーザー脱毛」「豊胸」「脂肪吸引」「包茎手術」が特に多いようです。

質問者

なるほど。

それならば、たるみやしわなどに関する施術はトラブルも少なく、比較的安心だと考えても良いでしょうか?

ミア先生

医療の世界に100%はありません

ですので、絶対に何事もないということはないとお考え下さいね。

実際に、たるみやしわに関する施術でもいくつかトラブル報告がありますので後ほど詳しくご紹介しますね。

具体的な失敗やトラブル例

質問者

実際にトラブルの事例についてお教えください。

ミア先生

ハイフやフェイスリフトに関する実際のトラブル事例を以下のようにまとめました。

【No1】顔に傷がついた

たるみを改善のために施術を受けたら顔に傷が残った。戻してほしいが戻してもらえなかった。

【No2】仕上がりが左右非対称

美容医療の広告を見てフェイスリフトを受けたら、仕上がりが左右非対称であることに加えて顔に傷もついた。返金を希望したが受け入れてもらえなかった。

【No3】神経を損傷した

フェイスリフトを受けた後から耳がしびれるようになった。結果として神経を損傷していることが分かった。

質問者

なるほど、いろいろなトラブル事例があるのですね。

ミア先生

顔の施術の1つであるハイフについては医療機関で受けた場合のトラブルは非常に少ないようです。

一方でエステサロンでハイフを受けられた方については機械で火傷をした、神経を損傷した、皮膚のトラブルを起こしたという報告が挙がっています。

質問者

エステサロンよりも医療機関で施術を受けたほうが比較的安全なのですね。

よくわかりました。

ミア先生

また、施術内容と直接的には関係ないのですが、広告関係のトラブルも多くあります。

例えば、広告に書いてある料金の倍近くの施術代を請求された、1度の施術で効果があるという広告を見て施術に来たのに結局何も変わらなかった、などがあります。

質問者

広告に書いてある内容ならついつい信じてしまいますよね。

トラブルが起こってしまう原因

質問者

どうしてこのようなトラブルが起こってしまうのでしょうか?

ミア先生

トラブルが起こる原因の根本は医師の説明不足にあると考えています。

医療において、医師はメリットだけでなくデメリットや起こりうる副作用などの説明が必要です。

これらの説明が省略されていることにより、「知らなかった」「こんなはずでは」ということが起こるのではないでしょうか。

質問者

たしかに、良いことばかりしか言わない医師は信用しづらいですね。

ミア先生

また、本当に美容医療を理解している医師であれば、患者様のカウンセリングを丁寧に行い、いくつかの施術を選択肢として用意するでしょう。

選択肢が少ない、1つの施術を推し進められたという場合には少し注意が必要ですね。

まとめ

質問者

美容医療に関するトラブルについてよくわかりました。

美容医療を受けるにあたり、このトラブルを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

ミア先生

トラブルを防ぐためにどうすればいいのかをNo4で詳しくお伝えしますね。

質問者

よろしくお願い致します!

ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。