0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

同時にできない顔の治療ってあるの?具体的な施術例と注意点を解説

併用できない施術の具体例

質問者

顔の悩みに対して様々な施術を併用できることがよくわかりました。

逆に、併用してはいけない施術はあるのでしょうか?

ミア先生

どうしても併用ができない施術というものは基本的にはありません

質問者

では、忙しい時には同時に施術ができるということですね。

ミア先生

そうですね・・・。

ただ、フェイスリフトのように切開を伴う施術の場合は、傷口に負荷がかかるとそこから感染を起こしたり、治癒がしづらくなるために跡が残ったりするリスクがあります。

そのため、傷口付近まで薬剤を塗る必要がある施術は併用がオススメできません

質問者

なるほど、それはわかる気がします。

ミア先生

あとは美容医療的には併用OKとしている施術でも、各医療機関によって行うところと行わないところがあります

例えば、脂肪吸引をフェイスリフトと併用する医療機関もありますが、併用を不可としている医療機関もあります。

このような形で医療機関によっては併用が不可となる場合もありますので、その点については施術を検討している医療機関に問い合わせると良いでしょう。

質問者

分かりました!

同時に併用する際に注意すべきこと

質問者

ミア先生のお話しを聞いて、顔のフェイスリフトを他の施術と併用してみたいなと思っています。

併用するにあたり注意すべきことってありますか?

ミア先生

私がご紹介させていただいた施術については、併用しても安全に施術が受けられるものとなります。

ですので、基本的には問題はありません。

質問者

ここも医療機関によって異なるので医師に相談していくという形でしょうか?

ミア先生

そうですね。

ただ、いくつか施術の広告を見て頂く中で明らかに他の医療機関では併用していない施術を推している広告があった場合は注意が必要です。

もしかしたら、その施術は実は併用できないものかもしれません。

質問者

わかりました。

広告は注意深く確認するようにします。

併用することで何かデメリットが起こることはないでしょうか?

例えば、併用したことでダウンタイムが長引くことを懸念しています……。

ミア先生

当院で複数の施術を同時に行う場合は、基本的に問題がないように施術の仕方を適宜変えることもあります

例えば、フェイスリフトと脂肪吸引であればフェイスリフトのために切開したところから細い管をいれて吸引し、残った皮膚を持ち上げるという形をとっています。

同じタイミングで行っても問題ない方法を取り入れているので、施術によってダウンタイムが長期化するリスクは少ないでしょう。

質問者

そうなんですね。

ダウンタイムが長くなることが不安だったので・・・とても安心しました。

ミア先生

その他に、お顔の状態によっては本来ならば併用できる施術も併用できない場合があります

今のお顔の状態でどの施術が併用できるか、できないかについては一度カウンセリングを受け、医師に相談されることをおすすめします。

質問者

カウンセリングですべての施術の併用を勧める医師ではなく、必要な施術のみで止めてくれる医師の方が、かえって信用してお願いできそうです。

まとめ

質問者

ミア先生、有難うございました。

施術の併用や注意点についてよくわかりました。

ミア先生

お顔の状態や各医療機関の医師の考えによっても併用できる施術が異なります

今回お話ししたものがすべてではないので、ご自身がお願いしたい医療機関を見つけましたらまずはぜひ、医師に相談してくださいね。

質問者

わかりました!

ご丁寧にありがとうございます!


ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。