0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

【二重整形】ビーズ式二重にデメリットはあるのか、腫れが強いって本当?

こんにちは、サフォクリニックの白壁聖亜です。

メリットの多いビーズ式二重ですが、デメリットはあるのでしょうか?

ダウンタイムの期間や腫れの強さ、強度についてお話します。

デメリット①8日間ビーズをつけたまま

質問者

ビーズ式二重のデメリットについてしっかり聞いておきたいです。

白壁先生

最大のデメリットは、8日間ビーズをつけたままになる点です。

ちょっとした外出程度なら黒縁の眼鏡をかければ目立ちませんが、お仕事となると難しいかもしれません。

質問者

抜糸後のダウンタイムを含めるとだいたい10日くらいですよね……。

そんなに休めないという場合は、ビーズ式は諦めたほうがいいのでしょうか。

白壁先生

お休みをとるのが難しい場合は、片方ずつ施術するという方法もあります。

施術したほうに眼帯をつけてご出勤されるイメージですね。

両目同時の施術よりも割高ではありますが、方法がないわけではないですよ。

質問者

それならあまり休まずに済みそうですね。

シャンプーや洗顔はできるのでしょうか?

白壁先生

施術当日のシャンプーはできませんが、翌日からゴーグルをつければ可能です。

洗顔時は、目の周りを避けてください。

質問者

コンタクトレンズはどうでしょうか?

白壁先生

抜糸まではコンタクトレンズの装着ができません

ソフトレンズやカラーコンタクトも同様です。

施術から10日間ほどは、眼鏡をつけて過ごしていただくことになります。

質問者

アイメイクもできないですし、可能なら1週間ほど自宅に篭るのがよさそうですね。

白壁先生

それが一番ではありますね。

お仕事などで難しい事情がある場合は、ぜひご相談いただければと思います。

デメリット②腫れが強い

質問者

ビーズ式はかなり腫れるというお話でしたが、なぜそんなに腫れるのでしょうか?

白壁先生

確かにビーズ式は抜糸までの腫れがすごく強いんです。

より糸(ねじった糸)でわざと炎症を起こすビーズ式二重の性質上、どうしても強い腫れが必要なんです。

質問者

抜糸までの8日間は我慢ですね……。

まぶた全体が腫れるのでしょうか?

白壁先生

個人差がありますが、腫れが強く出るのはビーズ部分からまつ毛までの間です。

腫れの強さだけでいえば切開式を上回ることもあります。

質問者

埋没式とは全然違うんですね。

白壁先生

そうですね、過去に埋没式をされた方は全く別物と思っていただいたほうがいいでしょう。

ですが、抜糸をした後は急速に回復していきます

質問者

個人的には、腫れが強くても短い期間で引いてくれるほうが嬉しいです。

白壁先生

腫れやすさはまぶたの状態によって個人差がありますが、ご参考までに症例写真を見比べていただくこともできます

具体的に検討したい場合は、ぜひご利用ください。

デメリット③元に戻すのが難しい

質問者

ビーズ式で二重にしたけれど、やっぱり一重にしたい。

そういう場合、元に戻すことは可能なんでしょうか?

白壁先生

幅や形の修正はともかく、一重に戻すのは難しいです。

戻す可能性を残したいなら、埋没式のほうが向いていると思います。

質問者

埋没式なら元に戻せるんですか?

白壁先生

時間が経過していると難しいケースもありますが、基本的には糸を抜けば元に戻ります。

しかしビーズ式は生まれつきの二重のような強固な線を作り出すので、なかったことにするのは難しいんです。

質問者

逆にいえば、それだけしっかりとした二重になるということですね。

白壁先生

そうとも言えますね。

たとえば埋没式で二重を経験された方で、次はどこに線を作りたいか具体的なイメージが固まっている。

今度は消えない二重が欲しい。

そういうケースでは、ビーズ式は非常に向いていると思います。

質問者

初めての二重で、ビーズ式に挑戦する方もいらっしゃるんですか?

白壁先生

もちろんいらっしゃいますよ。

幅やデザインについては、経験豊富な医師が丁寧にカウンセリングさせていただきます。

理想の二重に向けて、どんどんご要望を伝えていただけると嬉しいです。

まとめ

質問者

ビーズ式二重は腫れが強いことは気になるものの、我慢した分キレイで半永久的な二重が手に入るのはやはり魅力的です。

白壁先生

そうですね。

1週間ほどお休みが必要ではありますが、天然に近い美しさはビーズ式の強みです。

片方ずつの施術もおこなっておりますので、ぜひご相談ください。


ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。