0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

フェイスリフトの失敗とは?よくあるパターンをご紹介

フェイスリフトを行う上で知っておきたいのが、フェイスリフトの失敗談。

これについて、ミア先生に聞いてみました。

フェイスリフトの失敗

質問者

フェイスリフトを選択したとして、失敗例についても伺いたいです。

他のクリニックさんのフェイスリフトで思い通りにならずにミア先生を受診した患者さんをみたことはありますか?

また、他院で行ったどの施術がダメだったと感じましたか?

ミア先生

実はフェイスリフトで思い通りにならなかったという方はそんなにいらっしゃいません。

手術自体がまだ新しく、最近始まったために受けている方が少ないですね。

やっていたとしても、少しだけ切って無難な感じにやっていることが多いので、失敗するほどしっかり引き上げていないと思いますが、皮膚だけ引っ張る、充分に引き上げられていないというなどの事例があります。

質問者

フェイスリフトでの失敗例はそんなにないんですね。

ミア先生

むしろ、糸リフトを何回もやったけれど効果が感じられなくてフェイスリフトを受けるという方が多いですね。

ハイフと糸リフトを何度も繰り返していると、劇的なアプローチがないと施術で効果がなかったのではと思ってしまうようです。

質問者

施術で効果がなかったというとどんな感じなのでしょうか?

ミア先生

効果が薄かったとおっしゃる方ですと、たるみが改善されてなかったり腫れが戻ったら元通りになった、金額の割には効果が出ていないといった意見が多いです。

稀にスレッドリフトをもう1度やってほしいというご依頼がありますが、この場合はやるとしても6ヶ月以降になります。

そのため、スレッドリフトをやったけれど効果があまり見られず、我慢できなくて糸を入れてしまったという方もいました。

質問者

それでは、フェイスリフトで思い通りにならなかったという方はあまりいないんですね。

ミア先生

他のクリニック様でフェイスリフトをやったという方でもやり方が弱いために効果が出ていない方が多いという印象を受けます。

本来、しっかり正しいフェイスリフトを行えば効果も出ますし、追加で施術をしなくても良いくらいグッと引き上げ効果もあります

質問者

そう聞いて少し安心しました。

ミア先生

フェイスリフトを専門で行っているクリニックはどこも多くの症例数研究されていますが、そういったところでは手技が確立されているため失敗自体が少ないです。

当院はダウンタイムの軽減のために研究はしていますが、リガメントを触ると大変腫れます。

そのためアメリカなどでは施術後に包帯を巻いて過ごす所もあるくらいですが、日本ではなるべく日常生活にスムーズに戻れるよう、包帯巻きをしない方向性で研究を重ねています

なので、修正ではなく改めて施術を受ける方が多いですね。

少しだけ切るという程度では効果が薄いでしょう。

他院とサフォクリニックの違い

質問者

他院とサフォクリニックでは他にどんなところに違いがあり、患者さんも魅力と感じられているのですか?

ミア先生

当院では手術時間が4時間程度でネットで固定するところまでできます

他のクリニック様が同じ層を切った場合、全身麻酔で挿管と入院もあり、7時間くらいかかります。

当院では日帰りでの施術も可能ですし、他のクリニック様と比べると1.5倍速で施術を行っているので術式の短さもポイントです。

質問者

入院や挿管をしなくてよいのはうれしいですが、なぜこんなに早く終わるのでしょうか?

ミア先生

麻酔の仕方や、剥離の仕方、出血しないように施術をするなどの技術の差が時間に現れますね。

また、器具にも拘っていることで時間を短くできているのもあるでしょう。

こうした拘りがスピードを上げている秘訣です。

オペが終わった後には腫れは少ないですが内出血が見られることがあります。

ただ、なるべくダウンタイムを短くできるよう努力をしています。

質問者

患者さんの希望でミア先生が修正される場合に拘っていることはありますか?

ミア先生

手術された方は瘢痕化といい、皮膚が一回硬くなっているので出血しやすくなっていますので意識しながら行っています

あとは、患者さんが何をどれくらいしたいのかという、求めているゴールを理解していなければ理想には近づけないので、一番大事なのはカウンセリングです。

特に1回失敗されている方は美容医療に対して警戒されていたり、心配になっている方も多いので気をつけています。

クリニック選びの基準

質問者

失敗を治しにこられる患者さんが、クリニックを選ぶ基準は何ですか?

ミア先生

ダメだったと失敗を治しに来られた患者さんは、圧倒的1位で「値段」でクリニックを選ばれています。

安いところでやろうという気持ちで施術を受けると、思った仕上がりと違うことが多いです。

質問者

値段が違うと何が違うのでしょうか?

ミア先生

安い施術は、安い理由があります。

剥離範囲が狭い、使用している器具、お値段は施術者の責任範囲や、様々な技術などです。

患者さんに安易に来てもらいたいと思っている点があるのではないかと思います。

フェイスリフトは大きな術式で手術の範囲も大きいですし、高額な分、背負う責任も他の施術とは異なるものと思っています。

質問者

安さにはそれなりのリスクが必要かもしれませんね。

失敗しないクリニックを選ぶにはどうすればよいでしょうか?

ミア先生

一度フェイスリフトを専門にしているクリニックの値段を見てみるのはいいかもしれません。

ただ、逆に一番高いところを選ぶべきというわけではありません。

値段だけで判断するのではなく、施術をしてもらうドクターに会いカウンセリングをしっかりと行い、理解して納得した上で選んだならお安くても良いと思います。

大きな手術をしますから、美容外科を選ぶ上では値段を指標にしない方がいいと思います。

質問者

なるほど、とても勉強になります。

ミア先生

フェイスリフトに関してはクリニックによってそれぞれのやり方があります。

個々の先生がデザイナーとして、個々のデザインを作られるところや、患者様によって手法を変えていくオーダーメイド型などがあります。

多店舗を持っているクリニックは、ガイダンスに従い同じデザイン手法をどのお客様にも行うフェイスリフトもあります。

この場合は患者様によってデザインの変更はしないので 値段的には安くなる傾向があります。

このような違いが値段の違いにもなることもありますので、ぜひクリニックを選ぶ時に参考にしてみてくださいね。

質問者

とてもわかりやすく丁寧なご回答をありがとうございます。

ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。