0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

フェイスリフトの推奨年齢はあるのか
医師が解説

フェイスリフトを受けてみたいけれど何歳から受けられるのかと疑問を持たれる方も多くいらっしゃいます。

フェイスリフトは何歳からできるのか、ミア先生にお伺いしました。

フェイスリフトの推奨年齢

質問者

フェイスリフトは何歳から受けられますか?

ミア先生

推奨年齢というものは特にありません。

年齢に関係なくたるみが気になったらフェイスリフトを受けて大丈夫ですが、今はハイフや糸リフトがあるので40代前半くらいまではフェイスリフトでなくても引き上げることはできます

ですが、40代半ばからはおそらくハイフや糸リフトだけでは引き上げが難しくなります。

質問者

効果を考えると、40代半ばくらいからはフェイスリフトがオススメということですか?

ミア先生

そうですね。

一方で20代の方で韓国で美容医療を受け、エラ骨を削ったことによりz全体的にたるんでしまったため、フェイスリフトを受ける方も多いです。

一律何歳以上と言うよりかは、ご年代ごとに悩みがあると思うので、その方のお悩みに合わせて決めていただいた方が良いと思います。

質問者

なるほど、何歳からやってもいいのですね。

ミア先生

年齢ごとに分けていくと言うよりも、たるみの具合をみてどこまでアプローチするのかを決めています。

年齢で決めるということはあまりないですね。

質問者

フェイスリフト以外の施術で効果があれば、そちらの治療をしていけばよいという感じでしょうか?

ミア先生

別の施術で解消できる可能性がある場合はフェイスリフトでなくても良いと考えます。

ただ、40代半ばだと効果が他の施術では薄くなってしまいますね。

特にご高齢な方は、フェイスリフトでしっかりとリフトアップしたほうが高い効果が得られるといえます。

若い方でもヤングフェイスリフトであれば施術していただけます。

質問者

なるほど、とてもわかりやすいです。

年齢も気になるのですが、年齢以上にその方1人1人の肌の状態で違いはありますか?

ミア先生

おっしゃる通りです。

若くてもたるんでしまっている方もいれば、年齢をある程度重ねていてもたるんでいない方もいますよね。

お肌の状態は年齢だけで判断できません。

これは頬骨の出方によっても違いがあり、頬骨が出ている方が日本人には多いので、低い方はたるみやすいこともありますし、骨の形の問題もあります

また、顎が短い方はネックリフトを希望される方が多いです。

若い世代のフェイスリフト

質問者

若くても悩みがあって施術を希望される方がいらっしゃるとのことですが、実際に受けられる方は何歳くらいからが多いのでしょうか?

ミア先生

フェイスリフトを受けられる方の年齢はどんどん若くなってきていますね。

以前はもっと上の方が受けられてたイメージですが、30代後半くらいの方が多くなった印象です。

質問者

なぜ、若い方も受けるようになったのでしょうか?

ミア先生

ハイフが出てきたので、気軽に試した後で、小顔になれる施術でより効果のあるフェイスリフトを選ばれるんだと思います。

あとは、日本人は顎が小さいので首周りのラインがたるみやすいのですが、そこの改善でこられる方が多いですね。

質問者

なるほど、ちなみに20代の方はどんな理由でスレッドリフトを受けるのでしょう?

ミア先生

大体韓国で美容医療の施術をされ、骨を切っている方が多いです。

頬の骨を切って支えがなくなってしまうとやはり皮膚はたるみます

もちろん、施術前にはたるむと説明は受けているようですが、たるんだらフェイスリフトをすればいいやと思っている方もいらっしゃいます。

質問者

確かに今は特に小顔=かわいいと思ってしまう傾向にあるからでしょうか。

スマホのアプリでも小顔機能とありますよね。

ミア先生

スマホのアプリで顔の修正ができるようになってきて、目を大きくしたり顔を小さくしたりすると、実際に会ったときのギャップが出てきてしまいますよね。

最近若い方が施術を受けられるのはその影響があるのではないかと考えています。

質問者

スマホのアプリが美容医療にも影響をしているのですね。

施術を受ける具体的な年齢などが分かり、勉強になりました。

本日はありがとうございました。

ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。