0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

フェイスリフトで良く聞くリガメント法について解説!

「リガメント」という言葉を耳にしたことはありますか?

リガメントとは顔のあらゆる箇所にあり、皮膚と靭帯を繋げる役割をしています。

今回は、そんなリガメントの老化が及ぼす影響やケア方法についてお話しします。

フェイスリフトはリガメントが重要?

質問者

たるみケアにはリガメントケアが大切、と聞いたことがあります。

リガメントって一体何なのでしょうか?

白壁先生

リガメントは、お顔の皮膚と骨をつなぐ靭帯です。

よく二枚貝の「貝柱」に例えられます。

質問者

人の顔にも、貝柱みたいな部分があるんですか?

白壁先生

貝柱のようにがっちりと表情筋や皮膚を骨と連結させ、脂肪組織を支えています

質問者

柱の役目をしているんですね。

リガメントをケアしないと、どうなってしまうのでしょうか?

白壁先生

結論、シワやたるみが進行しやすくなります。

質問者

えっ!お顔のケアをしっかりしていてもですか?

白壁先生

そうなんです。

詳しくお話しますね。

リガメントの老化はシワやたるみの原因に

白壁先生

若い頃のリガメントはしなやかで弾力があり、皮膚の下でしっかりと組織支えている状態です。

しかし、リガメントの弾力は加齢により、徐々に弱まってしまう特徴があります

質問者

リガメントに弾力がなくなると、どうなるんですか?

白壁先生

リガメントが硬くなると、組織を支える力が次第に弱くなります。

弱ったリガメントは重力に耐えられなくなり、お顔の皮膚が下がってしまう状態になってしまいます。

これがシワやたるみの原因となるのです。

質問者

肌のケアを徹底していても、内側の組織が下がればシワになってしまうんですね。

白壁先生

はい。意外と知らない方も多いので、リガメントの大切さをもっと知っていただきたいですね。

質問者

リガメントって、お顔のどのあたりにあるのでしょうか?

白壁先生

たくさんのリガメントが顔全体にありますが、もっともたるみに影響しているのは下記のようなリガメントです。

  • 眼輪筋リガメント
    目の周りの筋肉を支えるリガメント。衰えると目元のハリが失われ、目尻シワの原因になる。
  • 眼窩下リガメント
    目の下のリガメント。弾力がなくなると目の下のたるみにつながる。
  • 頬骨リガメント
    頬を支えるリガメント。衰えるとほうれい線、ブルドッグ顔、大顔の原因になる。
  • 咬筋リガメント
    頬骨の下、耳と口の間にあるリガメント。衰えるとほうれい線や口角下がりの原因になる。
  • 顎下リガメント
    口角の下あたりにあるリガメント。硬くなる事でほうれい線やフェイスラインのもたつき、首のたるみ、二重あごの原因に。
質問者

ほうれい線やフェイスラインのもたつきは、ここ数年気になっていたんです!

リガメントの老化って、こんなにもシワやたるみに影響しているんですね…。

リガメントをケアする方法:①リガメントほぐし

質問者

リガメントの弾力を取り戻す方法はないのでしょうか?

白壁先生

リガメントをケアする方法はあります。

ご自宅でケアするなら、リガメントほぐしがオススメです。

質問者

どのような方法なのでしょうか?

白壁先生

とても簡単なマッサージです。

頬骨の下に親指を当てて、下から押し上げていきます。

指で刺激して、リガメントまわりの血行を促してあげるんです。

1日2分ほど行うと、硬くなったリガメントがほぐれていきます。

質問者

1日2分でいいんですか?

すごく簡単ですね!

白壁先生

1箇所あたり3秒程度、イタ気持ち良いくらいの強さで押してくださいね。

頬骨下のリガメントをほぐすと、ほうれい線のシワ予防効果が期待できます。

質問者

先生、軽く押してるだけなのに結構痛いです…!

白壁先生

リガメントが硬くなっていると、痛みを感じやすいんです。

ほぐれてくると痛みは減っていきますよ。

お風呂上りにやると、さらに血行を促すので効果的です。

リガメントをケアする方法:②リガメントフェイシャル

質問者

自分でマッサージしていると、力加減がよく分からなくて…。

白壁先生

でしたら、サフォクリニック併設のリュウズクリニカルスパリガメントフェイシャルの体験をオススメします。

リュウズのオリジナルマッサージでお顔のリガメントを柔軟にほぐし、たるみを根本から改善していくメニューです。

質問者

プロの手でほぐしてもらえるなら、リガメントケアの効果が分かりやすいですね。

おうちマッサージのお手本にもなりそう!

白壁先生

熟練のエステティシャンが的確なポイントでアプローチするので、リガメントほぐしの効果をすぐ実感したい方にはオススメです。

質問者

リガメントフェイシャルは、どのくらいの頻度で通うのがいいのでしょうか?

白壁先生

リガメントの状態にもよりますが、できれば半月~1ヶ月の間に1回通っていただくと、効果を実感しやすいかと思います。

リガメントがフェイスリフトの妨げになる?

白壁先生

リガメントのお話をもうひとつ。

リガメントには、フェイスリフトの引き上げ効果を妨げてしまうことがあるんです。

質問者

お肌を支えてくれるリガメントがですか!?

白壁先生

もともとリガメントというのは、皮膚や脂肪層と比べてかなり硬い組織です。

フェイスリフトでSMAS層を引き上げても、下にある硬いリガメントが引き上がりません

その結果、リフトアップ効果を妨げてしまうんです。

質問者

では、SMAS層から引き上げても効果が無いってことでしょうか?

白壁先生

ケースバイケースです。

リガメントに十分な弾力が残っていれば、SMAS層の引き上げだけで問題ありません

しかし、たるみが強くてリガメントまで歪んでいるケースではリガメント処置を検討するのが近道です。

質問者

リガメント処置とは何でしょうか?

白壁先生

SMAS層のさらに奥にあるリガメントを切除し、引き上げたところでリガメントを再固定します。

質問者

リガメントごと引き上げてしまうんですか。

白壁先生

リガメント自体はとても硬い組織なので、引き上げた位置で固定すれば、しっかりと皮膚組織を維持します。

術後に時間が経過しても後戻りしにくく、フェイスリフトの効果をより長く実感していただけます。

質問者

リガメント切除のデメリットはあるのでしょうか?

白壁先生

リガメントの周囲は顔面神経が走っていて、非常にデリケートな場所です。

そう何度も手術できる場所ではないので、どのタイミングでリガメント処置をするのか、じっくり考える必要があります。

質問者

難しい場所の手術なんですね。

神経を傷つけてしまうリスクはありますか?

白壁先生

SMAS層を引き上げるフェイスリフトと比べると、リスクは高まります

だからこそ、経験豊富で信頼できる医師を選ぶことが大切です。

質問者

なんとなく、リガメント処置について掴めた感じがします。

リフトアップ効果はすごく高いけれど、それなりにリスクもあるということですね。

白壁先生

一生もののフェイスリフトなので、必ず症例写真などを確認して、ご自身が納得できるクリニックをじっくり選んで頂けたらと思います。

まとめ

質問者

今回は、リガメントについて詳しくお話いただきました。

リガメントほぐしやリガメントフェイシャル、早速試してみたいと思います!

白壁先生

これまでハイフや糸(スレッド)リフトを試したけど思うような効果が出ない際は、リガメントが老化している可能性が考えられます

サフォクリニックのカウンセリングで、直接リガメントの状態やお肌のたるみを診断することができます。

ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。