0120-786-734

営業時間/10:00~19:00(不定休)

En / Ch

白壁征夫のフェイスリフト手術の歴史
フェイスリフト手術の追求

1970年初頭、父白壁武弥から習ったフェイスリフト手術は座った状態で耳の前の皮膚をつまんで、つまんだ量の皮膚を切って縫うという簡単な手術でした。
従って腫れも内出血による色素沈着もほとんどなく、それでも術直後はしばらく腫れが残っているために、その間シワが伸びて患者様は大喜びでした。

約50年も前になるので既に患者様の写真はありませんが、手術翌日も4日に至っても術後の腫れは少なく、色もつくことは滅多にありませんでした。
でも肝心の効果の持続性は短く、3ヶ月が経過する頃から腫れが消退してシワが戻ってきてしまいます。

そんなフェイスリフト手術でしたが1995年当時でも日本の有名な形成外科の医師が書いた外国出版の雑誌に投稿されたご自分のお名前のネーミング術式もまさしくこの方法が投稿されていました。

「美容整形」と呼ばれ始めた当時のこの先端をいく父白壁武弥に習ったフェイスリフト手術のその効果をもっと長く持続させたいと思った私は、1975年、ハリウッドスターを顧客にかかえる世界的に有名な当時「美容外科の神様」と言われたメキシコのDrゴンザレス・ウロアの元でフェイスリフト手術の勉強をさせてもらうことにしました。

ご予約・ご相談はこちら

当クリニックの診療は自由診療(保険適応外)となります。